心臓ヨガ®︎ 誕生ストーリー

秋山綾子です。

 

11年前の8月31日、漫画で書かれているように、

兄が他界しました。

心臓ヨガ®︎は、

兄のように、突然の心臓突然死で亡くなる方を0にしたいという思いと同時に、

私のように、大切な家族や大切な人を突然亡くして悲しむ人を減らしたいという思いが込められています。

人の心臓はいつ止まるかわかりません。

心臓が止まったら、その人の人生も止まるということを経験しました。

だから、

今生きているこの時間を“私らしく”いたい。

すべての人に1秒でも長く“私らしく”生きていて欲しい。

そう、心から願っています。

そして、

"何かあってから"よりも、"何もないうちから"

"病気にならないように"よりも、"より健康に・より幸せに"

今できることを全力でやりたい。

『心臓ヨガ®︎』は

普段の生活の中で1分で取り組める

シンプルなプログラムもあります。

講座には、

不整脈・狭心症など心臓に不安のある方をはじめ、

会社員や経営者の方、医療従事者も多く来てくれています。

 

そして

「心臓への不安がなくなった」

「安心して眠れるようになった」

「今まで心臓を感じるのが怖かったのに、今は感謝している」

「毎日、家事の合間にやっている」

「あったかい気持ちになれる」

など、たくさんの喜びの声が届いています。

もっともっと、必要としている方へ届けたい

もし、あの人が倒れる前に、

この1分を知っていたら、倒れなかったのかもしれない。

そんな想いが日に日に強くなっています。

今までは、目の前にいる方にしか届けられませんでした。

でも、心臓ヨガ®︎が世に出て約1年、多くの仲間のサポートもあって、

オンライン講座を開講することができました。

これで、

心臓に不安があって外に出ることができない方にも、

地方や海外にいる方にも、

忙しくて時間をつくるのが大変な方にも、

心臓ヨガ®︎を届けるようになります。

心臓ヨガ®︎のオンラインが必要な方へ届きますように。

興味のある方は、

下の心臓ヨガ®︎ロゴマークをクリックしてください↓​

心臓ヨガ_ロゴ_文字入り_縦.JPG